お気軽にお問い合わせください。
電話対応時間: 10:00~17:00
土日祝は定休日となります

最近見かけることの増えてきた竹歯ブラシ。どんなデメリットがあるの?

デメリット1: ブラシが柔らかいものが多い

  • check_box 天然の竹を使用したもので、環境に配慮した商品です。
  • check_box 日本人の口のサイズに合わせたヘッド部分で、磨き残しがないように設計されています。
  • check_box アメニティとしても喜ばれる商品で、ご自宅や旅行先など様々な場面で活用できます。
竹歯ブラシは柔らかいため、歯垢や汚れを取り除く力が他の歯ブラシに比べて劣る可能性があります。また、歯の表面をしっかりと磨くことが難しい場合もあります。
デメリット2: 柄の耐久性が低い

デメリット2: 柄の耐久性が低い

日本人向けの柔らかい歯ブラシ。店舗の方に向けて、カミソリ、くしなどのアメニティもご用意。

  • Point 01

    深刻化するプラスチックゴミ問題に貢献するべく、ほかの原料で製造
    地球環境問題が深刻化し、世界中で環境への負荷を軽減する取り組みが行われています。レジ袋有料化に伴い、海洋プラスチック問題について一度は聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。プラスチックは自然環境ではほとんど分解されないことから、そのゴミの量が年々深刻化しており、2050年には魚の数よりもプラスチックゴミの方が多くなると言われています。そういった深刻化する地球環境問題に貢献するために開発した、天然の竹を使用した歯ブラシを通販しております。
  • Point 02

    いつまでも健康的な生活を送るためにも、歯磨きがしやすい商品を販売
    世界屈指の長寿大国と言われている日本ですが、平均寿命が男女ともに80歳を超えているのに対し、健康寿命に関してはそれよりも10年前後短いと言われています。寿命を延ばすだけでなく、いかに健康的な期間を延ばせるかが本当の意味での長寿であり、健康寿命を延ばすことに深い関心を抱く方も少なくありません。元気な身体を作るためには、日々の食事が大きく影響しており、色々なものをバランスよく食べ続けるためには、歯の健康が必要不可欠です。そのため、歯は全身の健康に影響を与えています。80歳までに20本以上の歯を維持することが提唱される中で、歯の健康を守る歯ブラシにもこだわってみませんか。竹から生まれたもので柔らかいタッチでできており、日本人の口や歯に合ったヘッドにこだわっています。アメニティとしても喜ばれるアイテムで、使用されることが少なくなった竹を有効活用し、地球環境にも配慮しながら、隅々までフィットする商品を提供しております。
  • Point 03

    よくある質問
    Q: 大量注文も可能ですか? A: はい。可能ですので、まずはご相談ください。 Q: 竹歯ブラシは天然の物でしょうか? A: はい。天然の竹を使用したこだわりの竹歯ブラシです。 Q: 痛みなどはないですか? A: 日本人のためにデザインされた、ちょうどいい大きさで心地よい磨き心地です。 Q: まずは相談だけでも大丈夫ですか? A: はい。可能です。
背景画像
デメリット3: 水に弱い
デメリット3: 水に弱い

竹は水に弱い素材であり、長時間水に浸けると変色やカビの発生の可能性があります。竹歯ブラシの水を切りながら保管する工夫が必要です。

竹歯ブラシを使用した後は、水を十分に切ってから保管しましょう。歯ブラシの先端をティッシュなどで包み、余分な水分を取り除くことが大切です。また、ブラシの先端を下に向けて立てて保管することで水がたまりにくくなります。

さらに、竹歯ブラシは湿度の高い場所に長時間保管しないようにしましょう。湿度の高い場所ではカビの発生が早まりますので、風通しの良い場所で保管することをおすすめします。竹歯ブラシと一緒に除湿剤を入れることで湿気を防ぐこともできます。

竹歯ブラシの保管方法を守ることで長く清潔な状態で使用することができます。定期的に歯ブラシを交換し、快適な歯磨きを続けましょう。

なお、弊社の竹歯ブラシは、水を弾く加工を表面に施しており、カビの心配は少ないです。

デメリット4: 価格が高い

竹歯ブラシは手作業で作られているため、他の歯ブラシに比べて価格が高くなる傾向があります。また、竹歯ブラシ専用の交換ヘッドも一般には販売されておらず、全体を交換する必要があります。
弊社の竹歯ブラシは、続けやすい価格をモットーにしております。

デメリット4: 価格が高い

環境への影響について

竹は再生可能な素材として知られていますが、竹林の増加による生態系への影響や輸送による二酸化炭素排出量など、環境への影響も考慮しなければなりません。

竹は非常に成長が早く、短期間で再生することができます。また、竹は自然に生えるため、農薬や化学肥料を使用する必要がありません。そのため、竹を使用した製品は一般的に環境にやさしいとされています。

しかし、竹林を増やすためには土地や水を必要とし、生態系に影響を与える可能性もあります。竹は他の植物に比べて成長が早いため、周囲の植物が竹に押されることで、生態系のバランスが失われることもあります。竹を採取する際にも、周囲の植物や生物に与える影響を最小限にするために、適切な管理が必要です。

また、竹素材の輸送にはトラックや船などの輸送手段が使用されますが、この輸送には燃料が必要となり、二酸化炭素の排出量が発生します。竹歯ブラシを選ぶ際には、竹の原料がどのように入手され、輸送がどのように行われるかを確認し、できるだけ環境にやさしい製品を選ぶことが重要です。

当社では、竹歯ブラシの製造にあたり、竹林の適切な管理や環境への負荷を軽減する取り組みを行っています。竹の採取には竹が再生する時間を考慮し、竹林のバランスを保つようにしています。また、製品の輸送には二酸化炭素排出量の少ない輸送手段を使用するなど、環境に配慮した取り組みを行っています。

竹歯ブラシを選ぶ際には、環境への負荷を軽減する取り組みなども確認し、環境にやさしい製品を選ぶことが大切です。当社の竹歯ブラシは、環境に配慮した製品としてご提供しておりますので、ぜひご検討ください。

Contact お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。